My NoteBook

「籃球火」の火はまだ消えていない?

久しぶりの主演ドラマは一緒に戯夢堂という製作プロダクションを設立した馮家瑞の台湾版スラムダンク:「籃球火」で呉尊と競演言われていたのに年齢的に合わないからという理由でキャスティングから降りたと知ってがっかりしたのは先月の中頃だったっけ。代わりに小豬が出るかもって聞いて年齢は呉尊だって小豬だって結構なものなのにと思っていた。

今をときめく呉尊(あんまり興味はないけれど)との競演でバスケものだったら話題性も抜群だし、漫画原作をドラマ化させたらピカイチの馮家瑞との組み合わせはドラマ自体の質も期待できるはず。設定やストーリーを変えるとかで対応できなかったのかなぁ、もったいないなどと思っていたら、やはり火は完全に消えたわけではなかったよう。

昨日あたりから中華新聞でまだ可能性はあるかもと言う記事が出始めた。
なんでも日本での「白色」プロモ時に馮家瑞が帯同し、Jerryをずっと説得し続けたのだとか。

桜木花道役がイメージに合わないというのもNG理由のようだけれど、そうかなぁ?いいと思うけどたまにはこんなのも。演技のバックグラウンドがないのだから、いろいろ迷って間が空くよりもどんどんいろいろな役にチャレンジすればいいのにと思うのは私だけではないはず。

蛇足ですが、確かJayも流川をやりたいといってたなぁ、流川って台湾で人気だなぁ(日本でもですが)、と思ったら台湾だけで「高校教師となった流川楓が主人公」の「スラムダンク2」が発売されて人気だったらしいと知って納得。もちろん作者に無断の違法作品だけれども。「高校教師の流川楓」ならJerryや呉尊の年齢的にぴったりだけど、いかんせん無許可ではなぁ・・・。

あと「籃球火」が実現したら、もちろん赤木キャプテン(ゴリ)は黒人だと信じて疑わない私。
[PR]
by kiyok | 2007-10-11 18:50 | 台湾
<< レピッシュ:大阪LIVEのゲス... Jay:「牛仔很忙」 ON A... >>



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30