My NoteBook

「彷徨(さまよ)う花たち」を見る!

b0038450_19504459.jpgレズビアン&ゲイ映画祭にて「彷徨う花たち/漂浪青春 / Drifting Flowers」を見る。
実は、先週での新宿の上映にも行っていたのだが、字幕投射が3分の1くらいから出なくなると言うアクシデントのため3部構成の映画の2話目の話の流れがよく分からなかった(2話目の終盤から投射が再開)ので、再チャレンジ。
事故の対応として払い戻しOR振替でどの上映でも優先入場させてくれるというので、先日の上映で気になった主演女優たちも登壇と言うことでもちろん行きます!と青山まで。
L&Gには去年も登場している周美齢の作品と言うことで?開場時間にはロビーに人がいっぱい。
作品的にも「もう一度字幕つきで見たい」と思ったくらいなので字幕付だとさらに面白く見れた。
3組の同性愛カップル?を描くドラマだけれども貫かれるテーマは『あなたは男?女?」でも「相手が女性であろうとなかろうと愛は愛」ということだと感じたけれどどうだろうか。

b0038450_20231721.jpg出てくる人たちの佇まいが妙にリアルで質問にも出ていたけれど、2話目のゲイの阿彥と1話目と3話目で登場する竹篙が特にこういう感じの人いるいる!と思わせてくれる演技?
特にQ&Aにも登場した"竹篙"役の趙逸嵐に興味津々。映画の中ではボーイッシュな演技がこれがデビューと思えないくらい光っていたけれど、実際はどんな風なのか、と思っていたら、あのまんま。どちらかというと3話目の若かりし頃と重なる。ひょろっと長い手足にニコニコきょろきょろと落ち着きのない様子がとっても可愛い。
b0038450_20243197.jpgこれがほぼ初めての観客前のはずなのにあまりのリラックス&堂々とした振る舞いに芸術大学で演技専攻してるにしても・・・と感心したのでちょっと調べてみたら、どうも高校時代の仲間とバンド活動を結構本格的にやっているようでCHAOSという名前で海洋音楽祭にも出演?している模様。だからかなあの舞台根性と勝手に納得。
あだ名は小八。大笑いすると眉毛が八の字になるかららしい。
とりあえず台湾での公開は8月15日なのでこれから色々と話題が出てくるだろし公式ブログは要チェック。
とっても気になる趙逸嵐のことは、多分これからしばらく追っかける・・・かも。
[PR]
by kiyok | 2008-07-19 23:27 | 映画
<< 蘇打緑がやってくる! 現ちゃん追悼プロジェクト始動す。 >>



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31