My NoteBook

映画:「愛的發聲練習」についてのメモ②

b0038450_17455382.jpg
5月に撮影していたバービィーとジョセフ・チャン、エディ・ポン、東明相の映画が11/21から台湾で公開。
母子家庭で育った小猫が3人の男性との出会いの中で小さな頃から探し求めていた本当の愛を見つける、というのが大筋のストーリーなのかな?

たしか先月の高雄電影節でワールド・プレミア上映されていて、報道だけを見ていると張孝全とのベッドシーンばかりが話題になっているようだけんども。

公式ブログもようやく立ち上がり、PRも本格化。
今日台湾で放送の「康熙來了」にエディと出演とのこと。もちろんジョセフ&エディとのベッドシーンについて小Sから厳しいツッコミが入った模様。

公式サイトはこちら

さて、今年は台湾映画の当たり年。こちらの映画は「海角7号」「Orzボーイズ!」「九降風」の記録に迫れるのか?キャストと予算ではおそらくこちらに軍配が上がるんだろうけれど・・・。

余談だけれど、台湾シネマ・コレクションで流れていた台湾の文化局が作ったと思われるロケ誘致のフィルムは5本の台湾映画をつないだものだった。
ツァィ・ミンリャンの「ふたつの時、ふたりつの時間」やホウ・シャオシェンの「百年恋歌」、「6号出口」、あと多分グイ・ルンメイが出演している「経過」に加えて、まだ公開されてないこの作品のフィルムが混じっていてハテ?と気になった。この映画も政府から資金援助が出ているのかしら。
[PR]
by kiyok | 2008-11-09 23:59
<< 映画:「渺渺」に関するメモ 范逸臣がやってくる! >>



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31