My NoteBook

カテゴリ:台湾( 150 )

Jay:Liveスケジュール

今年から始まるJayの新たなLiveツアー。
諸説流れていましたが台湾で11/10からで決まりの模様。

行きたい、見たい。
でも行けるのか?チケット取れるのか?
やはり、Liveは最初と最後だからね。

まぁ、Jayを知ってしまった現在、許す限り諸国漫遊する所存。
と、気持ちだけはやる気です。
[PR]
by kiyok | 2007-07-22 23:58 | 台湾

「白色巨塔」:10/4 NHK BS2にて放送開始。

b0038450_0373848.jpgいつだ、いつだと思っていた「白色巨塔」の日本での放送。

やはりNHKで放送されると。
地上波を期待してたけどBS2。

『ザ・ホスピタル』10月4日スタート
毎週木曜 午後11時00分~11時50分

詳しくはこちら→http://www3.nhk.or.jp/kaigai/2007autumn/index.html

残念だけど私の視聴環境ではタイムリーに見れないな。

まだまだ私が見られる日は遠そうだ。
人気が出て地上波で放送されますように。

贅沢言えばキャストのプロモ来日も希望。
Jerryももちろんだけど生・戴立忍が見たい!
[PR]
by kiyok | 2007-07-18 23:32 | 台湾

Jimmy Hannに関するメモ。

V.DUBBで見たJimmyの表演は素晴らしかった。(Nickyもだよ!)
ってことで、ちょっとリサーチ。

Jimmyは「燃えよデブゴン」や「プロジェクトA」でお馴染みサモ・ハン・キンポーの次男。

本名:洪天祥
生年月日:1975.08.05(獅子座):(そんな風には見えなかったけどいいお年。)
身高:180 cm(VanNessよりも背が高く見えたけど本当?)
出生地:香港
国籍:カナダ(6歳まで香港、返還の時にカリフォルニアに移住という話も)

兄弟はほかにTimmy(俳優)、Summy(俳優)、Steffany(妹)が。

デビッド・タオのプロデュースで2001年に台湾デビューしたTension(Andy、Brian、Raymond、John)という5人組のコーラスグループのメインボーカル。
でも、今はデビッド・タオから離れたこと、5人がそれぞれ学生をしていたり、ソロ活動をしているなどのために次のアルバム・リリースの目処が立たないよう。でもLIVEでも度々コメントしていたように5人の結束は固いよう。

Tensionのリリースもの:
『SMART?』 2001
『Gotta Be Your Man:做你的男人』 2003
『PLANET LOVE:愛・星球』 2004
『STORY』(ベストアルバム) 2004

なかなか公には活動再開できないけれでも、麻吉幫(と言ってもいい?)として自分のプロダクションを立ち上げてStevenのソロのレコーディングのプロデュースや自分のソロを制作しているよう。

ある人から「そう言えばケイン・コスギとも知り合いだしね。」と言われて思い出したケインのエピソード。
日本に来たはいいものの、仕事がなくて暇なので秋葉原(なぜ?)で3on3で遊んでいたときに香港スターの息子と知り合って仲良くなったとどこかで語っていた。かなーり前に聞いたエピソードだったけど最近、テレビでも同じエピソードを語っていたよう。この出会いをきっかけにジャッキー・チェンを紹介してもらい映画を手伝ったり、チョイ出演したこともあると。
これがJimmyだったんだ~、と納得。さすがの人脈。

最近、情報発信しているのは以前にも記事に載せたこちらのブログ→http://www.wretch.cc/blog/Tension5

明日はNe-Yoのライブに行く模様。VanNess&Nickyも好きだろうからアメリカでは見れないだろうこんなサイズのライブハウス・パフォーマンスに行けるといいけど、どうなんだろう?
とんぼ返りでしょうか?(20日に上海向けの便で離日する模様)

私もこの間のMTVのイベントで生を見れなかったので行きたいと思ったけど気づいたときには売り切れ。
当日券もあるだろうけどそこまでは・・・。

しかし、5月といい、その前といいNe-Yo、なんだかよく日本に来るな~。
[PR]
by kiyok | 2007-07-18 00:18 | 台湾

V.DUBB My Kingdom2日目に行く!

そしてV.DUBB2日目にも参戦!

昨日は時間がなくて買えなかった中華LIVEの必須アイテム、ルミカライトを購入。
それ以外にもグッズとしてはパンフレット、バッグ、クリアファイル、VanNessデザインのアパレルアイテムが販売。

昨日は日本語で始まったステージでしたが、本日は修正して英語で。
だって日本語で「ヴァネスの王国へようこそ!さぁ、一緒に楽しもう!!」って・・・ディズニーランドのアナウンスみたいだったから会場が一瞬固まったもんね。
その後のアナウンスもすべて英語。
確かにそのほうがいいよね。日本語のアナウンスが流れるたび雰囲気がガラっと変わっちゃうんだもの。

VanNessは昨日より声の調子がよさそう。

構成はほとんど一緒だったけどNickyもJimmyも昨日よりリラックスして三人のMCはまるでトリオ漫才を見るよう。

昨日も思ったけれど、三人で歌うとどうしても他の二人の声の華に比べてVanNessの声は地味に映ってしまう。本人もそれがわかっているのか三人の時はバッキング・ボーカルに徹しているんだなぁ。
この三人が台湾でコラボするってことはほとんどありえないから(特に今のJimmyの状況的には)本当にこれを見られるだけでも行く価値あり。

Nickyは、昨日、日本語曲を披露すると言って歌ったソウルフル・ドラえもんの代わりに今日はドン・キホーテのテーマを披露。
MCも笑いのツボを押さえていて本当、芸人。

バンドのバンマス、Terry Chanはケリー・チャンのツアーにも帯同していたり、色々な歌手の曲の編曲なんかを担当している人物。通りで馬鹿テクだ。

どーでもいいことですが、一つ気になっているのがオープニングに流れる制作クレジット。
SONY INTERNATIONALがINTERNAL(だったかな?)になっているのだ。
スポンサーなのに間違われている・・・
二日目には直ってくるかと思いきや、やはり間違ってた。
多分、PCで投射していると思うので直したほうがいいのでは?と、まぁ余計なお世話だな。

5時始まりなので時間的に余裕があるから昨日からプラスαあるかと思いきや、昨日と同じ一度のアンコールで終了。なかなかみんなが帰らないので再度ステージに登場して一言「なんで?」
パフォーマンスするかと思いきや横浜コール+横浜で会いましょう!のコメントで引っ込んじゃった。
その後にマスコミ記者会見が控えていたからなのか準備してなかったからなのか(多分、どっちもだな)。

友人とバンドが引っ込んでしまってるから演奏つきは難しかったのだろう、だったら三人でアカペラをもう1曲練習してもらって・・・と勝手な話をしてみたり。

最終日も昼公演だから多分、オシリには余裕があるはず。
去年はKangtaの登場もあった最終日。
最後のサプライズを期待。
[PR]
by kiyok | 2007-07-14 23:28 | 台湾

V.DUBB My Kingdom初日に行く!

VanNessの二度目のソロコンサートに参戦。

「Welcome to my kingdom」のアナウンスで始まったステージ.。

一言で言うと進化しとった。

去年よりもリラックスしてるVanNess。

初日なのにかなりのクオリティ。
バンドもこれまで見てきた中華のと(ジャッキー除く)比較にならないくらい上手い。

2日目、最終日とどう仕上げていくか楽しみです。

ゲストはやはりJimmy&Nicky。

Jimmyの歌の上手さと声の素晴らしさに脱帽。
ただの友達ではありません。
たとえて言うならば、WINDSの橘慶太。
高音でボリュームのある歌声にしびれました。
また日本語が無茶苦茶、流暢。何故かと調べて見たら昔、日本人の彼女がいて日本まで追いかけ住んでいたこともあるらしい。なるほどね~。

金曲歌手、Nickyも相変わらず素晴らしい。

何より三人のコラボがいいのです。声のバランスがね。高音、中音、低音と。

今日は去年に引き続き来場していたママをステージに上げて「媽媽 」を歌う感動的な場面も。

VanNess妹妹の表演もあり盛り沢山のステージ。

見逃す手はないですぞ。
明日は完売のようですが、最終日の横浜は余裕があるようです。
迷ってられるなら必見です。
[PR]
by kiyok | 2007-07-13 23:49 | 台湾

V.DUBBのゲストはJimmy&Nicky!

b0038450_23553496.jpg明日からはVanNessの二回目の単独日本公演が始まります。

中華のLIVEで楽しみなのは、ゲスト!

去年はNickyの生歌を聞けて(もちろんKangtaも)うれしかったので今年は誰か、とても期待。

調べて見たら簡単に発見!
http://www.wretch.cc/blog/blog.php?id=Tension5&article_id=8742579

NickyとJimmyだって。えーMelはこないの?麻吉は?

Nickyはおなじみ金曲奨歌手、Nicky Lee(李玖哲)。
JimmyはTensionのメンバーで香港映画「燃えよデブゴン」や「プロジェクトA」でお馴染みのサモ・ハン・キンポーの息子。

去年のゲスト紹介では詰まりながら「・・・one of the closest friends・・・」って言ってたけど今回は本当の親友の登場。いやNickyも本当に仲のいい友達でしょうがJimmyは特別でしょう。

何が縁かはわかりませんが、いろいろ聞き及ぶ限り、台湾に渡ってからはJimmyがthe closest oneなのは明白。一緒に映像制作会社なんかも立ち上げているし。

どんなステージになるか楽しみです。
[PR]
by kiyok | 2007-07-12 22:25 | 台湾

Yahoo トピックスに。

こんな話題でYahoo!のトップ画面を飾るなんて・・・。

b0038450_17174051.jpg

b0038450_1729162.jpg


断酒中の“35歳の体”F4ケン・チュウ、「ぽっちゃり王子」はもう卒業へ!―台北市
本当は公益活動の話題のはずが、うっかり口を滑らせてこんな記事に。
健康一番。
次はもっといいニュースで載ってください。
[PR]
by kiyok | 2007-07-06 17:34 | 台湾

基因決定我愛你

台湾の映画館に置いてあったアドカード。
台湾にもあるんだーと手にとったのは「靴に恋する人魚」のロビン・リー(李芸嬋)監督の新作「基因決定我愛你」のもの。
b0038450_21374229.jpg

2種類あったので両方もらってきました。
ここには公開が2007年盛夏って書いてありますが、いつもこっそりお邪魔しているこのブログによると→http://blog.goo.ne.jp/takanyan_october/e/d944921899807428a61d9d0dd9a7af48
なんとタイトルクレジットの動画が盗まれてしまったそう。そのために7月末予定の公開が一ヶ月ほど遅れてしまうかもと。

「靴に恋する人魚」のPOPでファンタジックな映像表現に次回作も期待していた私。
これで公開が遅れるなんて。

プロダクション・チームのこれまでの苦労を考えると涙。
本当、返してあげて下さい。
[PR]
by kiyok | 2007-07-02 00:59 | 台湾

行ってきます!

これから愛しの台湾に行ってきます。
一年半以上振り。よく我慢した自分。

今回は3泊4日。
いつも通り、台湾初の友人を連れて。
いつもお初の人とばかりなのでなかなか新しいところに足を踏み込めずにいる。

でも今回は韓国旅行歴ではベテランの連れ、本人の意向も結構、マニアック。
旅慣れているからお初なれど色々と挑戦できそう。
気に入ってくれればこれから二人で色々ディープ台湾を巡れそうと期待。

自分自身の目玉は電車(新幹線か太魯湖号)と映画(練習曲と六号出口)。
映画は両方とも4月に封切られてたから半分あきらめてたけど、台北市内でまだやっている映画館を見つけたので見れそうだ。
楽しみ~。
[PR]
by kiyok | 2007-06-23 15:07 | 台湾

仔仔:万年学生の道へ?

本日、華流.netにUPされていた記事『「醒吾学院」在学生、今年卒業者はゼロ!? 』by聯合報

台湾の専門学校「醒吾学院」は芸能人在学生が多いことで有名。
マイク・ハーやジョセフ・チェンそれに仔仔もデビュー後それまで在籍していた大学?から、ここに転籍してずっと学生をやってるんだよね。
仔仔は、本当ならもう単位を全て取り終えて去年が卒業年度のはずが、単位不足で留年。今年はとうとう卒業かと思っていたら、また留年だって。
これは多分、確信犯。もしかしたらまたこのことで報道で叩かれるかも。去年も散々やられてたもんね。

驚きは事務所のコメント。
他の芸能事務所が所属のタレントに関して「卒業したら兵役には拒否しない。」とコメントしているのに福隆だけは「Vicが卒業したら大学に編入させたいと思っている。」だと。

いや、仔仔がそうしたいならそうすればいいけど、専門学校ですら単位不足で卒業できないのに大学って・・・。それも元々、大学から転籍してるはずなのに。勉強好きそうにも見えないし。
確かにファンにしてみれば彼がコンスタントに見れるのはうれしいことだけど、最近はこれまでの兵役期間も2年から1年4ヶ月に短縮されてきたし、ロイ・チウのように特別任務のチーム(バレーボール部)に入るって方法もあり(韓国みたいに芸能部隊みたいなのあるのかな?)やろうし、あからさまに兵役避けてるのがわかる方法はどうなの?確かに今は全アジアでの稼ぎ時やけど、一本、ドラマとって再放送繰り返してたら兵役終わっちゃうよ。(と思うのは考え浅い?)

それにあまり体力なさそうな仔仔。若いうちに兵役に行っておいたほうが彼のためなんじゃない?と老婆心がうずく私。(もちろん4人揃ったF4は見ていたいけど。)
[PR]
by kiyok | 2006-05-16 23:30 | 台湾



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31