My NoteBook

<   2007年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

気になる映画 2007夏②

今日見た予告編で一番気になったのはハリウッド映画ではなく、日本映画。

b0038450_23464513.jpg 「遠くの空に消えた」
行定さんの最新作。
子役たち(神木隆之介 、大後寿々花 、ささの友間 )の風情もいいし、ストーリーも面白そうと思って見ていたら最後に特別出演:チャン・チェンの文字が。
チャン・チェン(張震)、こんな仕事もしてたのか~。

見る、見るぞ~。
忘れぬようにメモ、メモ。

<STORY>
青い麦畑、どこまでも続く一本道、ビル一つない大空。
時がゆったりと流れるのどかな田舎町は、空港建設を巡る争いに揺れていた。
都会から転校してきた亮介(神木隆之介)と地元の悪ガキ公平(ささの友間)は、孤独な少女ヒハル(大後寿々花)の夢を叶えるため、そして失われつつある自分たちの村を守るために、100人の仲間を麦畑に集める。
「奇跡って待ってても起きないんだろ?だったら俺たちの手で起こそうぜ。」
少年時代の最後の夏休み、信じ続ける想いが、今、遠くの空に届こうとしていた…。
予告編を見ていたら「僕らの7日間戦争」を思い出した。でも、もっと出来はよさそう。
楽しみ。
[PR]
by kiyok | 2007-06-30 23:39 | 映画

気になる映画 2007夏

本日、定例のヨガ教室後、ここでよく出会うマリコさんにもらった映画券を利用して「シュレック3」を見に行った。
彼女とは通っているスポーツジムでよく会い、ちょっとお話したりしていたのだが、たまたま行ったレイトショーでバッタリ会ってから映画の情報やチケットを交換する仲。

「シュレック3」、今日から公開なのにガラガラでちょっと心配になっちゃった。

内容もヨガで開放された体が、睡眠を求めて気を失いかけること数度。
はっきり言ってDVDでいいかも。
あの映画はやはりアメリカのカルチャーを100%反映しているのでバックグラウンドをしらないと辛いかな。コネタはいろいろあるんだけど、全然、笑いが起きません。
日本人には吹き替え版をオススメします。

b0038450_13571883.jpg一番、面白かったのは上映前の予告編でサインフェルドが蜂をやってるとこなんだもの。
スピルバーグが本人で出てきたのもびっくりしたけど、Jerry (Seinfeld)、映画でるんだと。そっちのほうが衝撃。
サインフェルド終了後どうしてるんだろうと思ってたらこれですか?
多分、アニメの声優としてなんだよね?
BEE MOVIE、来年公開のようですが、Jerryが絡むということで要注目です。
[PR]
by kiyok | 2007-06-30 23:24 | 映画

2007夏 台湾:三日目②

b0038450_2347053.jpg
b0038450_2356879.jpg
もう少しで基隆に強制送還されそうだったところ無事、瑞芳駅に戻り、次に乗る電車のチケットを買い、出発を待つ。
b0038450_041847.jpg乗ったのはレトロでローカルな平渓線。社内は、お昼時だったので食べ物を持ち込んでいる人の食べ物の匂いが充満、お休み中なのか学生カップルやグループで結構賑わっている。

ガタンガタンと揺れる車内。その音が心地よく響きます。こういう感じ、東京で最近はあまり経験できないもの。

b0038450_2330267.jpg
1時間ほど谷あいの路線の風景を楽しみながら終点の菁桐へ。
レトロな駅舎が印象的な駅。


いただいたディレクションによるとここからバスでMRT木柵線の木柵駅まで行けると言う。
バス停場所の地図まで書いていただいていたのでそれに従い、バス停を探す。
会った!とその場所でしばらく待っていたら傍のお店のおばさんが話し掛けてきた。なんとなーく聞いてると「どこに行きたいの?」と。「台北」と言うと、一生懸命何かを言ってる。聞き取れるのは「ドゥメン、ドゥメン。」。!、「対面」か。
b0038450_2337521.jpg見ると見落としていたけれど向かい側にもバス停が。
急いで道を渡るとすぐにバスがやってきた!もう少しで乗り過ごすとこだったよ。おばちゃん、ありがとう。
しかし、このバスが曲者で雨で濡れた山間でくねくねのアスファルト道を猛スピードで下っていきます。その勢い、ジェットコースター並。結構なスリル体験をさせてもらいました。

なんやかんやで無事、木柵駅に着き、MRTで遅い昼食を求めて市内へと向かいました。
[PR]
by kiyok | 2007-06-25 23:46 | 旅行

2007夏 台湾:三日目①

b0038450_237799.jpg昨晩の出会い人にもたらされた今日の台鉄観光プランは9時過ぎに乗車と言う宵っ張りの我々には厳しいスケジュール。
しかし、やりました遠足の前の子ども並に早起きし、ホテルを出発しました。
連れのリクエストに従い、散歩がてらホテル側の総統府と228公園を散策。
その道すがら「華麗なる一族」で使われた台湾銀行の建物を見学。

b0038450_23182944.jpgそのまま歩いて目的の「阜杭豆漿」まで。

鹹豆漿は私の大好物です。これが食べたいために台湾に来ると言っても過言ではない。
豆漿はどこにもあるし、この店でなくても食べれますが、居心地のよさにこの店にリピートしちゃってます。

b0038450_22582822.jpg朝ご飯後、台北駅に戻り、目的駅のチケットを買って目指す九份の最寄駅、瑞芳に向かいました。





b0038450_22493451.jpg揺られること1時間弱。降りてすぐに書いてもらったディレクション通り、向かいのバス停に並び、しばらく待ってやって来たローカル・バスで一路、九份へ。
くねくねの山道を登っていきます。


b0038450_239575.jpg
九份観光道の入り口に着いた途端、天気は突如、雨模様。聞けば九份は山間の土地柄、天気は常に安定しないんだとか。目の目には「非情城市」の世界が広がります。
風情ありあり。景色と相まって雨もいいアクセント。


雨を避けつつ、赤提灯に飾られた道を上から下へ。日本人観光客だらけでした。
1時間ほど散策した後、来たのと同じバスを待っているとバス停にいたおじいさんが話し掛けてきた。
「このバスは24元だよ。」
「知ってます。これ(50元玉)で二人分払います。」
「お釣りでないよ。」
「でも、これが一番小さなお金なんで。」
「ちょっと待って、両替してあげよう。」と50元を小銭にくずしてくれました。
話にはよく聞くことですが、台湾のお年寄りは本当に日本語が話せる。
よく助けてもらいます。今回もありがとうございました。
その上、話に花が咲きすぎて降りる駅を間違いそうになった我々に「ここで降りるんでしょ。」と教えてもくれました。おじいちゃん、ありがとう~!
[PR]
by kiyok | 2007-06-25 23:43 | 旅行

2007夏 台湾:二日目③

淡水から帰って汗だくの我々は一旦、ホテルに帰り、シャワーを浴びて待ち合わせ場所へ。
台湾での食事は二人だけでは食べれるものも少ないのでネットで募ったら一人ご連絡が。
私が行きたい所は決まっていたのでそこに行くのに待ち合わせた場所は永康街。
首尾よく待ち合わせて側のその食堂に。

行ったのは「喫飯食堂」。台湾在中の人のブログで知って次ぎ行くならここと決めていたのですが、最近は各種ガイドブックにも載っているよう。でも、我々が行ったときには地元の人ばかりでした。
食べたのは、左からKENが台湾観光局の会見で話した「豬油拌飯」、真中はこれにシズってここに行くことを決意した封肉、その他頼んだメニューの品々(ハマグリとアスパラのスープ、キャベツ蒸し、えびと野菜のマヨネーズ炒め)
b0038450_02897.jpg

どれも美味。日本人の口にもうあっさり風味。これからはもっと日本人が増えるんだろうな。

b0038450_2221122.jpg日本と違い、食べるための場所なのでサクっと食べていっぱい飲もうと移動したのは西門町。
西門町の交差点に着いたら6番出口の裏で虚無僧が演歌な尺八を演奏中。
地元の人の間ではけっこう、有名人らしい。



連れて行ってもらったのは駅を出てすぐの日本統治時代に建てられた劇場、紅楼。リニューアルされてモダンな佇まいに変身したスポット。Jayがここのところアルバム発売時に台北でのサイン会に利用している場所でもあります。今夜は歌う生き仏、Singa(盛噶仁波切)がサイン会中でした。
目指すのはその裏。こんなところにこんな場所があるとは。おしゃれなバーが軒を連ねています。その中の一軒のアウトサイド・スペースに陣取り、台湾ビールをグビっと。美味~い。
ご一緒いただいた方は台湾長期出張中の方でとっても電車事情に詳しい人。翌日、台鉄の旅を計画していた私たちはここぞとばかりに質問。最終的にはモデルコース&スケジュールまで作ってもらいました。ふーっ、もうちょっとで無知ゆえの無謀な旅に出かけるところでした。ありがとうございます。

その後、デザートに豆腐花を食べに行こうとしたのですが、無念のTIME UP。店じまい後でした・・・。

ここでナビゲートいただいた方とお別れ。

この隙に狙っていたCD購入をと、弊店間際の佳佳唱片へ。

無事、CDたちを購入し、ホテルに戻り、さらにビールを飲みながら今日の反省(うそ)と明日の打ち合わせ。
b0038450_2314739.jpgテレビを見るとShowの「娯楽百分百」が放送中。
今日のゲストはJolin。「地才」のプロモで登場です。
その「地才」のメイキングを見て、Jolinのプロフェッショナルぶりに感動。こんなステージやってるんですか?まるで体操選手じゃないか。華奢な体をあんなに酷使して大丈夫か?
最初から最後まで一生懸命歌い踊りつつそれでもブレない(贔屓目)ステージングを見て、その努力に号泣。すごい、すごいよー。LPサイズのパッケージの大きさに買わなかったけどやっぱり買うべきだったかな「地才」。

やっぱり彼女のステージは一度は見ねばと眠りについた夜でした。
[PR]
by kiyok | 2007-06-25 23:20 | 旅行

2007夏 台湾:二日目①

なんだかんだ言っても自由に動けるのは正味2日間。
旅の疲れはなんのその、早めに起きてホテルを出発です。

ホテルは朝食つきでそこそこ美味しそうだったんだけれど、台湾に来て朝ごはんを楽しまないなんて!と強く主張し、コーヒーだけ飲んで、いざ龍山寺に向かいます。

8時過ぎでも強烈な暑さの中、ガシガシ歩きます。
朝食はそんな道すがらに人だかりがしていたお粥屋さん。
お粥とチャーシュー、茹でたけのこの台湾マヨネーズ添えを注文。

連れ曰く、「この筍、とうもろこしの味がする。」確かに。
物凄く甘くてしゃきしゃき。ちょっと目から鱗でした。
お粥もよく食べる広東風のものと違い、見た目は茶粥。どちらかと言うと水分の多いおじやという感じ。出汁がよく効いて美味しかった。

b0038450_14314941.jpg相変わらず朝から賑わう龍山寺でお線香をもらってぐるっとお参り。b0038450_14322660.jpgその後、MRTに乗って中正紀念堂へ。
今日は結構、MRTで移動するはずなので一日票を購入。以前はペラペラの紙で有人改札しか通れなかったのにICカードに変わっていて快適。

中正紀念堂は敷地内の建物全部が改装中。本堂も門を締め切っていて本尊を拝めませんでした。残念。
下だけは空いていたので、涼みがてら初めて蒋介石の足跡をじっくり見学。

b0038450_1439661.jpgその後、いつも歩くコースで地元の市場へ。ここへは紀念堂から永康街に向かって歩いていたときに偶然見つけて以来、毎回通っている。
今回、初めて写真をとってみましたが、なんだかこれまで日本人なんて全く見かけなかったのに今日はよく見ると思ったら、帰国してから見たるるぶのムックで「奇怪ねぇ。」の青木さんが紹介していた事が発覚。道理で日本人がいるわけだ。
でも、ここはお薦めです。今回、変わっていたのは試食コーナーが増えてた!
この道を歩いて行くだけでお腹いっぱいになれます。結構、スルーしたけど大根餅、イカ団子、フルーツ、台湾ソーセージなどをつまみ食い。

市場を通り抜けた後、事前に調べておいた「練習曲」を上映中の映画館へタクシーで向かった・・・。

続く
[PR]
by kiyok | 2007-06-24 23:57 | 旅行

2007夏 台湾:二日目②

タクシーで向かった先は、「京華城」。
事前の調べによるとこの中にある映画館で目的の台湾映画「練習曲」が上映されているはず。
勇んでチケット売り場に行くと、上映一覧に・・・ない!

え~!映画館間違えた?もうパニックです。
近所の別の映画館か?どうやったらわかる?本屋だ!
と、上階にある誠品書店に。いろいろ調べて近くに二番館があることが発覚。それと間違えたかと急いで向かう。
しかし!そこにも目当ての作品がない。途方にくれつつ歩いていたら7-11が。
そうだ新聞だ。行きの飛行機で読んだ中華新聞の娯楽版に上映されている映画の情報が載っていたのを思い出し、りんご日報を購入して上映館をチェック。
なんと出発地である西門町の映画館でのみ上映中であることが発覚。
今なら次の上映会に間に合うと言うことで、近くのMRT駅までタクシーで行き、MRTで西門へ。
早速、映画館に行き、目的の映画がやっていることを確認し、チケット購入。普通のチケットを買おうと思ったのですが、こちらが二人連れと見て何かを言ってます。よくよく聞いてみたら二人分のチケットにMサイズのドリンクとポップコーンで550元(うろ覚え)というチケットを勧めている様子。お昼をゆっくり食べる時間もなさそうなのでここはそれに乗っておこうと彼らがお得だと言うそのチケットを購入。
急いだおかげで少々時間が出来たので、隣のROSEでCDをチェック。
小腹に何か入れておこうということで阿宗麺線に行き、小碗を二人でシェア。暑いのにやはりこの店にはいつもの人だかり。
いやぁ、やっぱりここの麺線は美味しい。

映画館で無事、映画を鑑賞後、夜に会うはずの人との最終連絡に西門はずれのネットカフェ(マンガ喫茶)へ。ここも以前に見つけてきれいで居心地がいいのでいつも利用している。

b0038450_2322545.jpg予定通りであれば、猫空に行こうと思っていたけれど、時間がないので変更して、夕焼けを眺めに淡水に行くことに。
台北駅でちょうどエディソン・チャンのイベントが行われているはずだからそれをちら見して行きましょうと歩いて台北駅方面へ。道すがら福州胡椒餅の支店があったのでまた買い食い。肉汁たっぷりでスパイシーで美味しかったけど思いのほか大物で満腹に。

b0038450_2312367.jpg台北駅前でのイベントと言っても正確な場所はわからないまま三越の前まできたところ整備された駅前広場に人がいる様子を確認。耳を澄ますと司会がちょうどエヂを呼び込んでいるところ。これはいいタイミングと近寄って見ると舞台上に女性の影が。誰だと目を凝らすとJolin!応援での登場と言うことで、数分で帰っていったので歌を聴くことはできませんでしたが、思いも寄らぬところで生Jolinと初対面となりました。やる気のないエヂ(おそらく通訳なしで北京語に対応していたため)のMC後、DJ TOMMYも登場し、ハンジンとエヂの「不可能」のLIVEを見て、やっぱりエヂはあんまり歌に参加してない(爆)ことを確認し、早々に駅を後にして一路、淡水に。

b0038450_23245184.jpg
淡水は台北市内からMRT一本で行くことの出来る郊外の海辺の町。大好きな場所で台湾に来るたびに訪れる場所でもあります。さらにJayが青春時代を過ごした町であることを知り、さらに愛着が。写真はJayの母校 淡江中学へつながる道でもある紅毛城への入り口と海辺(川辺)で日本のように等間隔に並んで語らう人たち。
日本と違うのは恋人たちだけではなくおじさんやおばさんも大きな声で世間話に花を咲かせているところ。

我々もひとしきり街歩きをして、木陰で休憩。いつもなら道端のお店でえび揚げなんかをつまむところだけど、待望の晩御飯が控えているので我慢して飲み物だけにして、暮れ行く夕焼けを見ながら再び、MRTで台北市内へと戻ったのでした。
[PR]
by kiyok | 2007-06-24 23:57 | 旅行

2007夏 台湾:一日目

と言うわけで、ここからは思い出しつつの旅行記になります。

ここのところ台湾に行く時はずっと中華航空だったけれど、今回は初のエバー航空。
それも期せずしてキティちゃんジェット。
予約をした旅行会社からは知らされておらず、別件で調べていたところ乗り込む便がキティちゃんジェットであることが判明。一気にテンションが上がりました。
別にキャラクターものは好きではないんですけど、やはり一度は乗ってみたいもの。
噂どおりすべてがキティちゃんでした。
b0038450_2262545.jpg

夜便だったのでホテルに着いたら、すでに0:00を超えようかというところ。
ホテルは西門駅に程近いところに立地。ここはこじんまりしているけれど設備、アクセス、スタッフ、すべてにおいてオススメ。今回も相変わらずつかず離れずの対応でGOODでした。

元気があれば夜市に行こうと思っていたのですが、明日の朝に備えて遠出せず、とりあえず夜の西門に出かけてみました。
しかし、土曜日の夜だというのに6番出口付近ですら人っ子一人いません。みんなお家に帰ったのかしら?
何もないので、ぐるっと一周してコンビニでビールを買い、部屋に戻って大好きCHANNEL【V】を鑑賞。
そこは棒棒堂と黑澀會美眉祭り。黑澀會美眉って本当に台湾版モーニング娘って感じ。最年少は14歳のようで、その受け答えはほぼ小学生のよう。司会の黒人なんてすっかりお父さん状態。
MVはエヂの新アルバムの超ポジティブ主打曲「不可能」とアルバムのCMがヘビーローテーション。(あまりに聞きすぎて未だに耳から離れない・・・) 合間にこれまた棒棒堂と黑澀會美眉のMV。見れてうれしかった張震嶽の新曲MV。視聴のときにはわからなかったけどMVではfeaturing ターニャ・チュアでした。RAPの絡むメロディアスなHIP-HOP TUNE。好聴でしたよ~。さらにアルバムへの期待度がUP↑
明日の予定を軽く相談して、今日は大人しく就寝。
[PR]
by kiyok | 2007-06-23 23:42 | 旅行

行ってきます!

これから愛しの台湾に行ってきます。
一年半以上振り。よく我慢した自分。

今回は3泊4日。
いつも通り、台湾初の友人を連れて。
いつもお初の人とばかりなのでなかなか新しいところに足を踏み込めずにいる。

でも今回は韓国旅行歴ではベテランの連れ、本人の意向も結構、マニアック。
旅慣れているからお初なれど色々と挑戦できそう。
気に入ってくれればこれから二人で色々ディープ台湾を巡れそうと期待。

自分自身の目玉は電車(新幹線か太魯湖号)と映画(練習曲と六号出口)。
映画は両方とも4月に封切られてたから半分あきらめてたけど、台北市内でまだやっている映画館を見つけたので見れそうだ。
楽しみ~。
[PR]
by kiyok | 2007-06-23 15:07 | 台湾

ビリーズ・ブートキャンプ

なんだかやたらとテレビから流れてくるビリーズ・ブート・キャンプ。
とうとう本人が来日しちゃいました。
あの映像をを見るたびに思い出す風景が。

この間、知り合いと話していてあんなのアメリカでは昔からあるのになんで今頃あれがきたんやろ~っと話題に。

あれは10年前にLAに留学中のこと。
テレビでいつもやってたエクササイズCM。異様に流れていて友人たちとあれって効くのかなぁ~と話していたっけ。他にも色々と似たようなものもあったけどあれが一番インパクトがあった。

b0038450_16211067.jpgなんやったけーと探して見たらこれだった
Billy Blanks TAEBO

やっぱりBillyだった・・・

TAEBOはテコンドーとボクシングを組み合わせたエクササイズ。
そして、ブートキャンプってTAEBOを進化させたものなんだって。
へ~。
[PR]
by kiyok | 2007-06-21 22:15 | 日常



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。