My NoteBook

<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Jay:日本公演は武道館を希望らしい。

中華雑誌「M's」のインタビューで本人が、次の日本演唱会は「日本武道館」でやりたい、と言ったそうな。

武道館のキャパは約14,000人。
日程によっては、爆満可能な線だな。(もし、1/2なら難しいだろうけど。)

真中に舞台を持ってくれば、会場の雰囲気的に紅館に似ているなぁと思っていたから、もし本当ならちょっとうれしいかも。

もし実現すれば、中華アーティストとしてはフェイ・ウォン以来、台湾アーチストとしては初。

まだ確定ではないけど、多分会場的にはこれぐらいのクラスを狙ってるんだろうな。と、すると他には代々木体育館なんかもありかな。

あっ!11/10の台湾行きのチケット手配完了しました。
やっぱり、行っちゃうみたいです、私(笑)。
あとはLIVEのチケットだけだな・・・。
[PR]
by kiyok | 2007-09-30 14:55 | 台湾

立てかけられているもの。

このところ二週間、ずっと気になっていることがある。

通勤の時に窓から見えるマンション。
その一室のベランダにずっと大きなベッド・マットレスが立てかけられているのだ。
晴れの日も雨の日も、ずっと。

あの部屋の人、大丈夫?

悔しいのは、行きは気になっているくせに毎日帰りにはチェックし忘れること。
粗大ゴミならいいんだけれど。
[PR]
by kiyok | 2007-09-29 23:15 | 日常

おつかれさまでした。

以前勤めていた会社でお世話になり、辞めてからも季節季節に声をかけていただいて呑みに行っていた私の東京のゴッドファーザーが、今月還暦を迎え、定年退職。
退職記念の宴に声をかけていただき、参加した。

もともと在籍していた会社は私が辞める半年前に親会社に合併され消滅。一緒に働いていたメンバーも携わっている仕事によって部門が違ったり、グループ会社に出向したりで散り散りバラバラ。彼は合併・再編を繰り返し、劇的に変わり行く状況の中である意味、所属していた会社の社員にとって精神的支柱だった。
そんななので、会場はさながら同窓会。懐かしい顔がいっぱい。

それもこれも彼の人望の賜物。

バイクが好きな彼はこれから悠悠自適に各地にいる友人を訪ねて歩くことにしているよう。

東京にいる時はまた時々、遊んで下さい。
そして、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by kiyok | 2007-09-28 22:33 | 日常

Filmex:Line-up発表。

東京で秋に行われるもう一つの映画祭、Tokyo Filmex。
本日、今年の上映作品が発表。

b0038450_2203523.jpgオープニングはなんと、カンヌで話題だった短編オムニバス「それぞれのシネマ(原題:To each his own cinema」。
北野武の「監督バンザイ!」の上映時に北野フィルムだけは流れたけど、全員のが見られるとは!


b0038450_2255746.jpgクロージングは、今年の審査委員長でもあるイ・チャンドンの新作「シークレット・サンシャイン」。





b0038450_228043.jpgb0038450_2264389.jpgアジア映画に特化した映画祭なのでもちろん、気になるものも多い。
特別上映では、ジャ・ジャンクーのドキュメンタリーが二本。
「東(Dong)」、「無用」。

b0038450_22175192.jpgジョニー・トー先生の「放・逐」。是非、フランシス・ンやアンソニー・ウォンに起こしいただきたい。




b0038450_22195744.jpgコンペティションでは、香港映画でお馴染みの脚本家ヤウ・ナイホイの初監督作品「アイ・イン・ザ・スカイ」。




b0038450_2223463.jpgケネス・ビー監督、ジェイシー・チェン(ジャッキー・チェンの息子)主演の台湾映画!「The Drummer」。
実はこれが一番楽しみ。


b0038450_22241637.jpgそして、小康の登場。監督第2作目、ヴェネチアにも出品された「ヘルプ・ミー・エロス」。
今回もツァイ・ミンリャンが鍋抱えて一緒に来てくれるか?




それ以外にも、面白そうなものがゴロゴロ。
今回のFilmex、TIFFより濃い内容かも。いろんな意味で楽しみだ。
詳しい内容はこちらで。
[PR]
by kiyok | 2007-09-26 21:57 | 映画

漫画:「ショッキング PINK-SKY」

b0038450_2271370.jpg何の気なしに立ち寄ったBOOK-OFF。
見つけちゃった秋里和国の文庫本「ショッキング PINK-SKY」。
落ちこぼれCAが入社した航空会社は空飛ぶホストクラブだった!
秋里和国は学生の頃、友人に借りた「花のO-ENステップ」にはまり、それまで借りてばっかりだったのに自分でも購入するようになった人。
絵の安定感と少女漫画ベースにヤオイの香りも入れるストーリーがとにかく奇想天外で面白い。

これまでも色々と買ってきたのだが、最近の作品にはちょっとついていけず、昔の作品や少女漫画とは違うSFっぽいジャンルの作品を買い漁るばかりだったのだが、これは出色。久しぶりにオトナガイしちゃった。

いつの間にこんな作品を。(って自分のリサーチ不足)
スチュワーデスものの仕事マンガとしてもかなりイケテる。

今手元に全巻が。
読むの楽しみ~。
[PR]
by kiyok | 2007-09-24 22:08 | 漫画

Jay:11/10は決まり?

b0038450_21371823.gif台湾でチケットの発売が告知開始の模様。既報の中山足球場ではなく、板橋體育場だそう。

今回のツアー・ヴィジュアルはこれなの?いろんなものが付いていても口元は間違いなくJayだ!

さぁ、詳細がわかったから、色々と算段つけないとな。
行けますように、見れますように。(祈)
[PR]
by kiyok | 2007-09-23 21:42 | 台湾

タイ?日本?

さっき、山手通をトゥクトゥクが走っているのを目撃。

一瞬、目を疑ったが、客も乗せていて、丁寧にもThailandのプレートつき。

そのまま走り去って行ったため、証拠写真とれず。

あれはなんだったんだろう・・・。
[PR]
by kiyok | 2007-09-22 17:06 | 日常

Jay:金馬獎エントリー。

台湾のアカデミー賞"金馬獎"にエントリー。
「不能說的秘密」で「最佳男主角」、「最佳導演」、「最佳原創電影音樂」、「最佳原創電影歌曲」の4部門に。個人では一番多いんだとか。

台湾での「不能說的秘密」の興収を考えたら当たり前か。

取れたらいいのにね。

でも"金馬獎"本番は、12月8日。
あれ、非公式で出回ってる香港Liveの日程とかぶっている。

台湾映画のためにも是非、レッドカーペットに登場してもらいたいものだが。
[PR]
by kiyok | 2007-09-21 08:56 | 台湾

TIFF:Line-up発表 気になるアジア映画

【アジアの風】部門
b0038450_22573513.jpg去年の「SILK 詭絲」に引き続き、またまたレオン・ダイ出演の映画が上映される。SF映画、らしい・・・
「壁を抜ける少年」(原題:穿牆人/台湾)
10/22 11:20 - 13:08 (開場11:00)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ [Screen6]
10/23 20:20 - 22:08 (開場20:00)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ [Screen2]

b0038450_238777.jpgキム・ギドク監督でチャン・チェン主演なんて見るしかないじゃないか。
「息」(韓国)
10/23 15:40 - 17:04 (開場15:20)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ [Screen5]
10/26 11:20 - 12:44 (開場11:00)
Bunkamura [シアターコクーン]

b0038450_23172533.jpg不能説的秘密での演技も素敵だったグイ・ルンメイの新作。先日の、ヴェネツィアでも上映された。台湾映画らしいスチールが期待大。
「遠い道のり」(原題:最遙遠的距離/台湾)
10/20 20:20 - 22:10 (開場20:00)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ [Screen6]

【香港映画祭】
カンヌでの三人そろい踏みが超渋かったツイ・ハーク/リンゴ・ラム/ジョニー・トーのトリプル監督作品。
「鐵三角」(香港)飲み仲間のサム、フェイ、モクは、嵐の夜に現れた不思議な老人の話を信じ、古代の秘宝を探り当てる。サムの妻リンや中国本土のギャングたちもまじえた秘宝争奪戦での勝ち残りをかけ、欲に目がくらんだ3人の友情はいかに?
10/23 18:30 - 20:11 (開場18:00)
Bunkamura [オーチャードホール]

ついでにViviが2年前に中国で陳坤と撮っていた「雲水謡」も「中国映画週間」でお目見え。こちらは舞台が台湾。
10/21 13:00 - 14:53 (開場12:30)
Bunkamura [オーチャードホール]

9/28(金)18時プレリザーブスタート
10/6(土)10時一般発売スタート
全席指定 1300円/当日1500円(香港映画祭のみ前売り1000円/当日1300円)
[PR]
by kiyok | 2007-09-20 16:28 | 映画

Jay:日本Liveは1/2?

いろんなところで話しはでてるけれどJVRではまだ公式の発表はなし。
そんな中、りんご日報のJayの記事の中に11月から始まる予定のLive日程が。

11月10日台北(中山足球場)
11月24日上海
12月2日~9日香港
12月22日ラスベガス
2008年1月2日に東京

確か、12月24日はLAでもLiveのはず(こちらはすでにチケット発売済み)。

日本でのLiveが1/2って。
正月休みにLiveするアーチストなんて(ジャニーズくらいしか)覚えがない。
もし本当ならチャレンジャーだなぁ。
で、どうする私?
[PR]
by kiyok | 2007-09-19 22:40 | 台湾



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。