My NoteBook

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「僕は君のために蝶になる(a.k.a「蝴蝶飛」)HP公開

b0038450_1831929.jpg

秋公開が決まっているとは聞いていたので、いつかいつかと待っていたところ、まだトップページだけですが、HPが公開されてた。

青が印象的だった台湾・香港公開時とは異なる温かみのあるヴィジュアル。個人的にはこっちのほうが好きだなぁ。(あっちはVicの顔が作り物みたいで怖かった。)

邦題もなかなか素敵。ストーリーにもよくあってるのでは?

秋にはF4の公演で日本に長期滞在になるだろうからこちらの映画のプロモーションでの露出もかなり多くなるんだろうな。

トー先生のファンタジーということで結構、期待しているのだけれど台湾・香港での成績は大したことがなく、どんなできなのか不安も半分というところ。
[PR]
by kiyok | 2008-06-24 23:53 | 映画

台湾シネマ・コレクション!!

ずっとUPしたかったこの記事をようやく!

この夏のJay映画に加えてのお楽しみSPOプレゼンツの「台湾シネマ・コレクション」。
すっかり専用HPも出来上がっています。

それぞれの邦題も決定。「刺青」と「練習曲」「最遙遠的距離=遠い道のり」はすでに日本で上映済みなのでそのときの邦題を踏襲。で、それ以外のネーミング・・・

沈睡的青春=午後三時の初恋 そうなの?
六號出口=ウエスト・ゲートNo.6 間違いなく池袋ウエストゲートパークを意識してるよなぁ
基因決定我愛你=DNAがアイ・ラブ・ユー まぁ、順当なところ。
で、際目付けが
情非得已之生存之道=ビバ!監督人生!!
コメディ押しですか?今まで見聞きした印象からはもう少しシリアスなイメージだったんだけれども。

専用ブログも登場。先週、ピーター・ホーとクリス(ずっと英語名はジョンだと思ってたのですが他の媒体でもクリスと載っている言うことは改名したの?)のドリアン・コンビがプロモがてらシネマートを訪問した様子もUPされています。クリスはさすが成長期どんどん顔が変わっていきますな。映画の頃とは別人。
あと人気投票アンケートも。上映作品中、注目している作品とか注目している俳優なんて言う設問だったので、私はそんなの全部に決まってるやん!とあまり参考にならない回答をしてしまいました。

期間は8/23~9/26。
前売りチケットやスケジュールはこれからなので今後はこのサイトを要チェックです。
[PR]
by kiyok | 2008-06-23 23:59 | 映画

Jay:7/29はジェイ・チョウ・ナイト

本日売りの「ぴあ」に「カンフーダンク!」関連のイベントの告知が載るという情報を掴んでいたのでもちろん買いに走る。

今年三度目の「ぴあ」での紙面特集。これはかなり一般へのリーチ度は高いはず。

肝心のジェイ・チョウ・ナイトは7/29都内某所で本人来場の試写会ほか、と。
わざわざ「ジェイ・チョウ・ナイト」を謳うからにはもちろんただ登壇するだけじゃあないよね?

いつものように「ほか」の部分が気になる~。
歌も歌ってくれたりとか?

150組300名ということはあそこかあそこ?

とりあえず応募しないと!
[PR]
by kiyok | 2008-06-19 23:23 | 台湾

Mac Miniの暴走。

見逃したドラマの録画DVDをいただいたので再生しようとしたら読み込まない!
実は先日いただいたリージョンフリーのDVD再生機の動きが芳しくなく、DVDの再生に使っているのはこれまで同様MacMiniなのだが、ディスクが飲み込まれたのに画面にディスクのアイコンが出てこない…。

焦る…。

なぜならこれを購入した時に「通常のPCならディスクの取り出し機能がついてますが、これはスタックしたら取り出せないんです。」と言われていたから。
なんどか立ち上げなおして試すもやはりダメ。
贅沢にもMacはDVD再生とI-PODの編集にしか今のところ使っていないのだがそのどちらもダメになるとしたら…もの凄い損害だよ。

なんとか取り出せないか読み込むように出来ないか、本体を縦にしたり横にしたり叩いてみたりと原始的なことを試してみたけれどダメ。
半ば諦めつつネットに希望を託し検索してみるとHIT!(普段は別のWINDOWSのPCを使っているので)

起動時にマウスのボタンを押さえっぱなしにすればいいんだと。
半信半疑、試しにやってみたらこれ不思議。出てきたよー。

もう本当に買い替え?このまま粗大ゴミ?まだ3年も経ってないのにと、ブルーだったので一気にテンション戻りました。
よかった~。
その後他のディスクを試してみたらちゃんと再生される。

なんだろう。ディスクとの相性なんだろうか。
結局、収録されていたものは見れずだったけど、まぁいいや。これまでのが生き残ったから。

とりあえず教訓。
Macでディスクが取り出せない時は再起動してマウスを押しつづけること!
[PR]
by kiyok | 2008-06-18 23:59 | その他

ドラマ:「籃球火 」ポスター公開。

b0038450_013513.jpg昨日あたりから色々とヴィジュアルが露出してきている今年一番話題の台湾ドラマ「籃球火 」。
ポスターの出来は・・・。なんとも言いがたいな。このロゴでこの色み、そして出演者たちもなんだかせっかくの作品なのにアートワークだけ見ているととってもB級感が漂っているように感じてしまうのは私だけ?

言承旭、羅志祥、呉尊の三人主役だと思っていたのだけれど、ポスターのレイアウトからするとJerryとShowの2TOPに呉尊は二番手OR特別出演的な扱いなのかしらん?b0038450_012154.jpg

報道によると初回放送は7/27。その前後にサイン会等のイベントも予定されているよう。
この三人がもし揃ってプロモーションに参加するならまた凄い騒ぎになるんだろうな。
[PR]
by kiyok | 2008-06-18 00:12

今年もL&G映画祭で台湾映画。

b0038450_22552550.jpg去年、3本もの台湾映画を上映してくれたL&G映画祭。
今年のラインナップはどんなもんかと発表を心待ちにしてましたが、今年もやってくれました。
昨年、上映された「刺青」の周美玲(ゼロ・チョウ)の新作がラインナップ。

「漂浪青春」(邦題:彷徨(さまよ)う花たち )
ストーリー(FROM L&G HPより)
3つの時間の交叉が紡ぎだすひとつの美しい物語
第1話の中心は8歳の少女メイ。年の離れた姉の恋人でボーイッシュなディエゴにメイが抱いた淡い恋心は悲しい結末に…。第2話は偽装結婚をしたレズビアンのリリーとゲイのイェンの物語。老いた旧友同士が再会した時、ふたりはアルツハイマーとHIVという問題をそれぞれ抱えていた。第3話ではボーイッシュなディエゴが主人公。10代の彼女の悩み、恋そして成長が描かれる。ユーモアとペーソスに彩られた3つの物語は繊細に絡み合い、やがてひとつの感動へとつながる。ベルリン国際映画祭、香港国際映画祭正式出品作品。
監督とキャストの趙逸嵐(ツァオ・イーラン) 、房思瑜(レナ・ファン)の来日も決まっていてティーチインも。
他の上映作品はこちらで。

しかし、公式の情報で予告編のリンクページがYouTubeって…・。最近の中華圏ではそうなの?
[PR]
by kiyok | 2008-06-08 22:44 | 映画

Jay:「カンフーダンク!」と「言えない秘密」は同日公開?

8月16日公開が決定している「カンフーダンク!」。一方、公開日がまだ発表されない「言えない秘密」ですが8月末の公開予定がこっそり中旬に書き換わっている。とあるところで耳にした情報によるとどうやら同じ8月16日の公開になったとか。
真偽の程は分からないけれど、どちらにしろおそらく公開時期が近いからプロモーションも同時に行われるのでは?と踏んでいます。
ということは来月頭?すでにぴあで来日イベントがあるらしいとの告知も。
うふふふ、だんだんいろいろと賑やかになってきたなぁ。
[PR]
by kiyok | 2008-06-07 23:28 | 映画

Jay:「カンフーダンク」日本限定サウンドトラック発売!

b0038450_062384.jpg毎度、ありがとうございますのHMVからのOPT OUTメール。
映画「カンフーダンク」の公開に会わせて日本独自企画のOSTが7/23に発売と。
もちろん「周大侠」も収録。
DVD付きの¥3,150の初回限定版。
初回限定と言うところでファン心理をくすぐりますが、まだ詳細は分からず。
でも、買っちゃいそうです。
仕様の「周大侠」のMVほかのほかの収録内容を知りたい!
[PR]
by kiyok | 2008-06-04 23:57 | 台湾

F4:日本公演チケットについてのメモ。

b0038450_23244126.jpg突然、「すーのチケット取った?7、8と連番であるけどまだならどうですか?」以前、一緒に働いていた仔仔好きな人からのメール。(デスクに写真を飾っていたことで発覚。)

F4のファンクラブができた時はちょうど自分も思い切り盛り上がっていた頃なので会員になっていましたが、その後個々のファンクラブに分かれてしまった後は更新せず。彼女もそのはずなんですが、お友達つながりからだろうか?

なんやかんや言いながら彼らのイベントには幸運にもチケットを手に入れて参加していましたが(記事は公開してませんが、今年のKenのコンサートもVanNessとこの間の仔仔のファンミーティングも)、今回はとりあえず最初はチケット・オフィスのプレ・オーダーから参加しようと思っていた矢先のうれしい申し出。即、下さいメールを送りました。

と言うことで、東京公演の参戦は確定しました。

大阪はどうしようかなぁ、と思っていたら、これも本日告知メールが。
どの公演もプレオーダーがあるよう。
詳細はこちらで。
もし、取れたら大阪にも行っちゃうかも。(あほ)
やっぱり4人で来るなら全部見たいもんね。ライブはナマモノだし。

なんて言っても、私の台湾好きに拍車をかけた人たちなので今の日本でどんなふうなのか、大阪の観客は反応が違うのか見てみたいと言う社会学的欲求からの行動です。(嘘。ただのミーハーです。)
さぁ、どうなることやら。
[PR]
by kiyok | 2008-06-04 23:36 | 台湾



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。