My NoteBook

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

映画:「未来警察」に関するメモ。

b0038450_18361572.jpgアンディ・ラウと大S、マイク・ハーが共演する映画「未来警察」。
今日、追っかけ記事を発見。その中で未来警察の衣装を着たアンディを捕獲。
なんですか?このB級感漂う感じ。すでに、やばい香りがしないでもない・・・王晶、大丈夫か?

それはともかく、同じく2080年の未来警察で働く同僚のキャストも載っていて、私的にはそっちに反応。范冰冰、麻吉弟弟、郭品超、黃立成ですって!ちょっとぉ、豪華じゃないですか(台湾的には)。

大哥出演ついでに主題歌も麻吉でやっちゃえばいいのに。
[PR]
by kiyok | 2008-11-28 11:23 | 映画

魏徳聖のこと。

諸事情により最近「求婚事務所」を見直しているところ。
4章までがレンタル中のため、5章の「危険な情事」から見始めた。
やっぱりよく出来てるドラマだと今見ても思う。

で、クレジットを見ていて発見!

演出に魏徳聖の名前。
今年台湾で、「海角七号」を大ヒットさせた監督です。

「ビバ!監督人生」でも冒頭、ヒットドラマの製作者たちが集まって、飲みながら「映画が撮りたい!」と話す場面があり、クリエイター同士での交流が垣間見れましたが、やはり豆導と魏監督もつながってたんだなぁ、と感慨ひとしお。
まぁ、侯孝賢、楊徳昌の流れを考えれば、交流があって当たり前なんだけれども。
[PR]
by kiyok | 2008-11-27 23:59 | 台湾

映画:「黄秋生、遊侠一匹」開催。

b0038450_2240922.jpgただいま開催されている東京FILMeXで拾ったチラシ。
東京・シネマヴェーラでアンソニー・ウォン(黄秋生)の特集上映があるとな。
その名も「黄秋生、遊侠一匹」。
この題名、カッコイイ!

上映期間は、12/6(土)~12/19(金)。
上映作品は・・・
『インファナル・アフェア 無間道』
『イザベラ』
『インファナル・アフェアII 無間序曲』
『インファナル・アフェアアIII 終極無間』
『ツインズ・エフェクト』
『メダリオン』
『マジック・キッチン』
『愛と死の間で』
『姉御』
『ドラゴン・プロジェクト』
『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』
『雪山飛狐 第1話、第2話』
『ハムナプトラ3呪われた皇帝の秘宝

この中で一番見たいのは『イザベラ』 !
ずっと見てみたかったので、絶対行く!ありがとうヴェーラ!!
[PR]
by kiyok | 2008-11-24 22:45 | 映画

映画:「渺渺」に関するメモ

b0038450_2353397.jpg実は「愛的發聲練習」より興味があるのはこちら。
先週から台湾で公開になった「渺渺」。

2年前くらいのPOP ASIAで范植偉が撮影中と語っていたこの作品。演じているのは柯佳嬿、張榕容、吳慷仁、范植偉。なんかよさそうな気がするのですー。
張榕容は「貧窮貴公子 山田太郎ものがたり」で四子を演じたあの子!当時、仔仔とよく似た風貌でよくこんな子探してきたな、と思ったモノ。さすが、綺麗に育っています。
先日、台北で見た「Candy Rain:花吃了那女孩にも出演していた彼女。(映画の出来はイマイチというかまったくいただけなかったが)
着実に女優としてキャリアを重ねていてる模様。(TIFFでも上映した「一年之初」にも出演。)

しかし、彼女の英語名はサンドリーナ・ピンナ?なぜ?と検索してみたけど分からず。
明日は彼女の出自を探す旅に出ようかと思います。

話の内容は公式HPブログで。
[PR]
by kiyok | 2008-11-18 23:32 | 映画

映画:「愛的發聲練習」についてのメモ②

b0038450_17455382.jpg
5月に撮影していたバービィーとジョセフ・チャン、エディ・ポン、東明相の映画が11/21から台湾で公開。
母子家庭で育った小猫が3人の男性との出会いの中で小さな頃から探し求めていた本当の愛を見つける、というのが大筋のストーリーなのかな?

たしか先月の高雄電影節でワールド・プレミア上映されていて、報道だけを見ていると張孝全とのベッドシーンばかりが話題になっているようだけんども。

公式ブログもようやく立ち上がり、PRも本格化。
今日台湾で放送の「康熙來了」にエディと出演とのこと。もちろんジョセフ&エディとのベッドシーンについて小Sから厳しいツッコミが入った模様。

公式サイトはこちら

さて、今年は台湾映画の当たり年。こちらの映画は「海角7号」「Orzボーイズ!」「九降風」の記録に迫れるのか?キャストと予算ではおそらくこちらに軍配が上がるんだろうけれど・・・。

余談だけれど、台湾シネマ・コレクションで流れていた台湾の文化局が作ったと思われるロケ誘致のフィルムは5本の台湾映画をつないだものだった。
ツァィ・ミンリャンの「ふたつの時、ふたりつの時間」やホウ・シャオシェンの「百年恋歌」、「6号出口」、あと多分グイ・ルンメイが出演している「経過」に加えて、まだ公開されてないこの作品のフィルムが混じっていてハテ?と気になった。この映画も政府から資金援助が出ているのかしら。
[PR]
by kiyok | 2008-11-09 23:59

范逸臣がやってくる!

この間、初めて訪れた新大久保の中華カラオケ屋MIC103。
そこで見かけたポスターに釘付け。

毎年行われている中国通信社のカラオケ大会の今年のゲストは、なんと范逸臣!

あの今台湾で大ヒット中の台湾映画「海角七号」に主演しているVanこと范逸臣。
あの映画の公開前に新アルバムをリリースしており、映画のヒットと共に音楽も注目されている彼。私も映画を見る前にはちょっと名前を知っているくらいだった。

海洋映画祭に来場している彼を知らずにそばで見ていて、なんて綺麗な顔をしている人?芸能人?なんて思っていたら主演している本人で驚いたなんて話は置いておくとして。
あ、本人を見た感想としてはこの人写真映り悪いな、生の方が全然男前だ、ということは書き足しておこう。

うーん、生歌は聴いてみたいけど11/17は月曜日。6:30始まりで練馬は厳しい。でも、「海角七号」での歌をやってくれるなら聴きたいとも思ふ。

値段は前売り2,000円、当日2,500円。最初から歌わないだろうから途中入場で行くべきか行かざるべきか、悩むなぁ。

興味のある方はこちらで。
[PR]
by kiyok | 2008-11-03 23:39 | 台湾

Jay:次は功夫映画に。

b0038450_2301389.jpgJayは本日、北京にて新作映画の制作記者会見に参加。
むー、こんな話があるなんて全く寝耳に水。
また映画に出演するんかい!

最近で言えば「SPIRIT」や「ドラゴン・キングダム」のアクション監督でお馴染みの袁和平が監督の映画だそう。
私はあまり詳しくありませんが、タイトルの「蘇乞児」は功夫では有名なお話のよう(追い追い調べます。)。Jayは無敵の戦いの神の役らしい。「痩せすぎてるから太らないとね。」とかコメントしているのですが、数年前の痩せマッチョならいいですが、大きくなるだけにならないで、と願うばかり。そうでなくても年齢なりにふくよかになってきているのに。

しかし、今年のアルバムは音楽に没頭できたおかげで面白いチャレンジをしている曲が多かったと思っているので、本当は映画より音楽に没頭してもらいたい。
作曲にと言うよりは録音とアレンジにたっぷり時間をかけた作品が聞きたいと思うのだが。
[PR]
by kiyok | 2008-11-02 23:01 | 台湾

映画:「Orzボーイズ!」を見る!

今日は渋谷で本日より開催されているNHK ASIAN FILM FESTIVALで上映される「Orzボーイズ!」を見に行って来ました。
この間、台湾に行った時にもまだ公開中で見ることができたのですが、こちらで見れることが分かっていたので見なかった作品。同じようにパスした「九降風」はうかうかしていたら売り切れとなり、TIFFで見れなかったので今度こそは、と前売りを買って臨んだ。
チケットを手に入れたくてジタバタしていた時に聞いた話では「九降風」は日本でも公開に向けてすでに動き出してるとのこと、是非よろしくお願いします。

で、「Orzボーイズ!」。
とってもよかったです。台湾の人からすればちょっと暗いこの話より「海角七号」を好む気持ちも分かるけど、全体の出来ではこちらの方がいいと思う。

映画の内容はとっても台湾の日常を浮かび上がらせるもので、その中に普遍的な子ども時代の情景が刻まれていく。イタズラ小僧2人の友情物語を軸に淡い初恋や肉親への感情、大人の世界への憧憬と嫌悪が描かれていきます。音楽も挟み込まれるアニメも素敵。映像的にもとっても楽しめます。最後がどうなるかと思っていたけれども爽やかに希望のある終わり方で好感が持てました。何よりも演じている子どもたちがとってもキュート。今日も舞台挨拶に登場してくれました!
あの「海角七号」よりこっちの方が日本では受け入れられやすいのではと思う。
これは是非、日本で公開して欲しい。まだ配給が決まってないそうなので、これを機会にどこか是非!
[PR]
by kiyok | 2008-11-01 23:23 | 映画

ご無沙汰しております。

永らく更新をしておりませんが、それでも見に来てくださる方が日々数人いらっしゃって恐縮です。
9月は台湾シネマウィークに通い、未見の作品を制覇。合間にZEDのプレ公演を鑑賞したり。10月前半はF4コンサートに通い、その後、Jayのアルバム発売に合わせて台北へ趣き、ギリギリで新アルバムをGET。「海角7号」の現地での盛り上がりぶりも体験。後半は蘇打緑のLAMAMAライブになんとか潜り込み、至福の時を過ごしておりました。
プライベートで色々あり、こちらを更新する気力がなく、放置しておりましたが、今日からまたポツポツ更新していきたいと思います。
[PR]
by kiyok | 2008-11-01 22:44 | その他



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30