My NoteBook

Jay:「言えない秘密」サイトOPEN

サイトがOPENしたということで取り急ぎリンクをば。

言えない秘密」。

表紙だけで中身はまだまですがこれからの充実を期待。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-24 23:32 | 映画

来週の「アメトーク」は要チェック。

来週のアメトーク(木曜日:23:25~)のテーマは「バンドブーム芸人」!
今日の番組終わりの予告編ではレベッカやユニコーン、ジュンスカしかでてこなかったけど、まちゃまちゃ(現ちゃんのお葬式にも来ていた)がキャスティングされてるからにはレピッシュの話題もあるのではと期待。ユニコーンもマニアックな映像が見れたら(デビューの頃とか)いいなぁ。
それ以外にもバンドブームにしっかり乗っかっていた自分としては何が語られるか興味津々。
絶対チェックしようと。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-23 00:15 | テレビ

現ちゃんの新音源。

う、うれしい。

登録している恭一からの不定期メルマガ“HIGO no 1cho NOKOSHI”が本日到着。
なんと最近、現ちゃんの新譜のためのレコーディングに勤しんでいるとか。

本当に形にすべくみんな動いてくれているんだな。

恭一のメルマガはこちらで登録を。
軽いのにとっても凝った素敵なつくりのサイトです。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-22 23:04 | 音楽

注目の台湾映画が一気に見れる!!

最近、更新どころか訪問すらままならない状況ですが、これは書いておかないと。

本日のVariety Japanの報道によるとあのSPOが台湾映画7作品の配給契約を結び、8月にまとめてシネマート六本木でお披露目だそう!
公開される作品は以下の通り。

・最遙遠的距離
・刺青
・沈睡的青春
・六號出口
・基因決定我愛你
・練習曲
・情非得已之生存之道

もう、どれも見たくてたまらなかったラインナップ。
ありがとうSPO。
このうち「刺青」と「練習曲」は去年レズ・ゲイと海洋映画祭で見ているけれどもう一度ちゃんとした映画館で見たい。

そのうえ、シネマート六本木なら今の勤務先から徒歩5分もかからない。
いやーん、仕事なんかさっさと引き上げて全部見に行っちゃうから。

「情非得已之生存之道」だけは大きな映画祭で取り上げてもらえたらな、と思っていたので心中複雑ですが、Jayの映画の公開に加えてさらに夏の楽しみが増えました!
[PR]
# by kiyok | 2008-05-20 23:59 | 台湾

リージョンフリーDVDプレイヤーがやってきた!

最近、配属先が変わってこれまでののんびり生活が一転、超多忙に。
ゆっくり趣味の世界を楽しむこもままならない感じ。
何とかこの生活を打破せねばと思っているところ。

なんか楽しいこと考えないとなぁ、と思いついたのがリージョンフリーのプレイヤーを買って台湾で購入したJayの台湾LIVEと不能説的秘密のDVDを見ようというもの。

そこで会社で「どこで買うのがいいんでしょうねぇ。普通の店では売ってないだろうからやっぱりネットで購入?相場っていくらくらいなんでしょう?」と話していたら「いつも出入りしている業者さんで詳しい人がいるから聞いてあげるよ。」。
そして先週、その人が来社したというのでいろいろ聞いていたら「そう言えば数年前に一台買って未開封のがあるからあげようか。」と、ほぼ初対面の私に超ありがたい申し出。もちろん渡りに船なので「よろしくお願いします!!」とお願いしました。

と言ってもただでお願いしていること、覚えていてくれるかしら、いつになるのかなぁ?なんて思っていたら、早速本日会社まで運んできてくれました。その上、ちゃんと動くか確かめないととその場で動作確認までしてくれて・・・。
Kさん、本当ありがとうございます。お礼はそのうち。

で、帰宅して早々接続して2007台湾LIVEを再生。内容は・・・緩かったライブが緩いまま収録されているけれど画質も問題なく再生できて超幸せ。
週末は「不能説的秘密」を鑑賞します!
[PR]
# by kiyok | 2008-05-13 23:48 | 日常

ドラマ:「悪魔在身邊」を見る!

b0038450_2222335.jpg地上波しか見れない私ですが、「薔薇之恋」に続き、友人が録画してくれたものをGWを利用して一気に鑑賞。40話もあった「薔薇之恋」に対してこちらは20話とコンパクト。その上、展開がとってもスピーディーで見やすかった。
5話までするっと見たのだが、それで火がついて原作を読みたくなり満喫に赴き、マンガ原作を一気読み。その時点での発見は1間までの内容を4話まで引っ張っていている事実。どうやって終わらせるの?と思ったけど、きっちりほぼ原作どおりのエピソードを盛り込んで大団円。

見やすかったと書いたけれど、何より演出が素晴らしいと感心しながら見た。実は、長編のドラマ鑑賞は苦手なのでここのところほとんど映画ばっかりでドラマは見ていなく、実のところ「薔薇之恋」は展開がスローで少々きつかった。けれど「悪魔在身邊」はテンポよくストーリーが進むし、伏線もきっちりと張られていて台湾ドラマの成長振りを感じさせるものだった。これくらいのできのものが並んでいるならもっといろいろ見てみようかなと思った。(かなり上目線)
これまで雑誌に載っている姿を見るだけではマイク・ハーのよさがよく分からなかったけど、これを見ると人気があるのも納得。ポイント、ポイントでいい顔見せるんだよなぁ。「薔薇之恋」の黄志偉とEllaのラブシーンはドラマの内容に対して濃厚すぎてちょっと引いたけれど、レイニーとのラブシーンのぎこちなさは好感度高し。
なかなかオススメのドラマです。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-09 23:17 | 台湾

Jay:「カンフー・ダンク!」の公開についてのメモ②

本日、新宿ガーデンシネマでマスコミ向け完成披露試写が行われた模様。

台湾で見たときからどう訳するのか気になっていた仔猫ちゃんたちの名前はどんな感じの仕上がりだったんだろう?あれがエリック・ツァンの口から出てくるからじわっと面白いんだよなぁ。
中文字幕つきで見たので見た目でわかったけれど、日本語字幕でこの香港映画ならではのくすぐりを表現するのって難しいよなぁ。翻訳のセンスを問われるポイントなんだけど・・・。はてさて。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-08 23:23 | 映画

Jay:「カンフー・ダンク!」の公開についてのメモ

8/16公開。全国ロードショー。

.
[PR]
# by kiyok | 2008-05-03 22:32 | 映画

Jay:2007世界巡迴演唱會 CD/DVD日本版発売。

Sonyのサイトにはまだあがってないけれど、HMVからお知らせメール。

6/25にJayの「2007 The World Tours」の日本版のDVDとCDが発売とな。
お値段はDVD/CDがそれぞれ4,935/3,780とちょっとお高め。
DVDは台湾LIVEの写真集つき、CDは二枚組。どちらも「周大侠」のMV or 音源つき。両方購入すると申し込める同時購入キャンペーンも企画されている模様。

しかし、「周大侠」の日本語は「マスター・チョウ」なのか・・・。漢字のままのほうがかっこいいのになぁ。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-02 23:09

映画:「愛的發聲練習」に関するメモ

b0038450_10112740.jpg
大Sの最新ドラマのニュースかと思って読んでいたらどうやら映画らしい。
タイトルは「愛的發聲練習」(「愛の発声練習」。

共演俳優がなかなか豪華。エディ・ポン(彭于晏)にジョセフ・チャン(張孝全)、そして東明相!
「練習曲」で聾唖の主人公を演じていた東明相(実際に聴覚に障害を持っているそう)。本職は美術デザイナーと聞いていたけれど、オファーがあれば俳優もやると言うスタンスなのかな?たたずまいは本当にフォトジェニックなのでどんな役柄なのか楽しみ。
彼がキャストされていることとタイトルでなんとなくストーリーが想像できる?でも他の記事などを見るとなんだか台湾版「嫌われ松子の一生」っぽいかも。
[PR]
# by kiyok | 2008-05-01 23:18 | 台湾

映画:「第10回台北電影節」に関するメモ

そろそろ今年の台北電影節について何か情報がでてるかと調べて見たけれど、まだトップページのみでスケジュールしかわからない。
今年は6/20-7/6。
多分、エドワード・ヤンの追悼特集上映やタイミング的に「闘茶」のプレミアとかあるんじゃないかと睨んでいるのだが。
いつもこのイベントとニアミスで渡台しているので、この時期に会わせて行ってみたいけど、どうだろうか・・・。
最近の自分の状況を考えると見えないなぁ。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-30 23:33 | 台湾

映画:「闘茶~Tea Fight~」チラシ

b0038450_23494023.jpg
先日よりマスコミ向けに試写が始まったと、とあるライターさんのブログで読んでいたのだけれど、本日、渋谷の映画館に行って置きチラシを物色していたところ、「闘茶」を発見!
仔仔もなかなか男前に収まっておりますよ。青いカラーが入ったヘアスタイルはなんだか数年前の百事を思い出すなぁ。
張鈞甯がニン・チャンって・・・。日本の公式サイトにはチャン・チュンニンってクレジットされてるのになぁ。英語名ならジェニーなんじゃなかったけ?

以前の記事で台湾では7/25公開らしいと書いたけれどその後8/1に確定したとのこと。加えて台湾サイトでの情報によると日本公開のほうが一足早く7月中旬だと。なんと!日本のほうが公開が早い!?東京ではシネマライズで公開。
そろそろ日本のサイトも動き出すかな。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-29 23:46 | 映画

Jay:「不能説的・秘密 」 前売り券発売開始。

b0038450_23165737.jpg26日から東京での公開館「新宿武蔵野館」で特典つき前売り券が販売開始だと言うので赤坂で「トゥーランドット」の千秋楽を観劇した後、新宿へ。
何になるのかなぁ~と思っていた特典は場面写の生写真。3種類用意されていて購入一枚につき1種類もらえる。+ポストカードサイズのチラシも。こちらはまだチラシ置き場にはおいてないようなのでチケット購入者だけに配られている模様。

早く字幕つきで見たいなぁ。これからは試写会情報に要注意だ。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-27 23:09

恐るべしがきんちょ風邪。

産休明けで復帰したばかりの先輩のおうちに共通の知人共にお呼ばれ。
本当はお子ちゃま連れで出かけようと言う計画だったのだが、熱を出したとのことで急遽おうちでまったりすることに。

行ってみたら普段は活発すぎるくらい動き回っているらしいのに熱のせいでぐったり横になっているBabyちゃん。気持ちは元気らしく、気になるのか目だけはずっとこちらを追っている。
熱の上がり下がりに波があるらしく時々、起き上がり動き始めるのだけれどすぐに電池が切れてまたばったり。そんな様子を見ながらオカンは「子どもってすぐに40℃くらいでるのよね~。上がったり下がったりも激しいし~。」と余裕の表情。

元気な時にはお相手をしていたのだけれど、油断していたら顔の前でされた咳を直接吸い込んでしまった。これはやばいぞーと思っていたら、外出から帰ってきた旦那さんが「熱があるかも~。ちょっと寝る。」と挨拶もそこそこに消えて行った。
「朝は元気だったのに~。ごめんね。もしかして二人も帰ったら熱出たりして~。」と言われた途端になんだか寒気が・・・。
それはあまりに反応が早かろうと突っ込みを受けつつ暫らくおしゃべりしていたけれど、病人が二人もいるので早々に解散とあいなった。

そしてまっすぐ帰宅の途へ。自宅に着いた時点で確実に具合が悪くなっており、お腹は痛いわ、ボーっとするわ。熱を計ってみたら38℃。これはいかん!とすぐに横になって休んだところ、3時間後には何事もなかったよう(笑)その後、しっかりご飯も食べて完全復活!
気のせい?いやいや、おそらくあれはがきんちょ風邪(命名byわたし)という種類の病気に違いない。嵐のようにやってきて嵐のように去っていくがきんちょ風邪、恐るべし。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-26 23:35 | その他

朗報!

昼の日中に母親からメール。
なんだろうと件名を見ると「朗報」とのこと。

朗報って何?と見てみると・・・

シンガポールに出稼ぎ中の弟が転職して近々、台北に移るとのこと。

うふふ。
これで今年の年末は家族で台湾だ。
それ以外にも何かと便利になるかなぁ。でかした!

しばらくは叶わないと思っていた年越し台北が実現しちゃいそうです。
楽しみ~。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-21 23:30 | 台湾

バービーボーイズ!!

ただいまSMAP×SMAPでバービーのLIVEを目撃。(涙)
KONTAのソプラノ・サックスに出だしから感動。(あの当時、マグミが似ていると言われていたけど変わらない姿にまた感動)
私が音楽を聞き始めた時に嵌ったのは、レベッカ、バービー、PSY'S。

どれもLiveに行ける年になった時には解散していたので生で見たことがない。
絶対、この3つが復活したらLIVEに行くと心に決めている。

あっ!今、斉藤由貴が。「卒業」を。
彼女も好きだった。小学校の頃は小泉今日子と斉藤由貴が好きだった。
最初に買ったシングルは彼女の「悲しみよこんにちは」だったはず。

そして久保田!!全員、レンタルでLPを借りてテープで聞いてたよ。(年がばれるな)

この番組すごいな。私のツボを押しまくり。
そんな人多いんじゃないだろうか?

帰宅したのが遅かったので途中からしか見れなかったので最初から見たい。
是非、再放送希望。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-21 23:01 | 音楽

映画:「王妃の紋章」を見る!

b0038450_23263898.jpgうーん、見たけど・・・。

後味悪いな。

どこかで書いていたかもしれないけれど、絢爛豪華な舞台装置と衣装には感心しながら、壮絶な家族喧嘩に終始したストーリーには全く共感できず。あんなに屍が累々とあるのに何でその後あんなに平然と卓につけるの?

私的には気持ちが乗り切らない内容。とりあえず、所々で姿を見せるJayを愛でた鑑賞TIMEでした。

三王子の気持ちとかもうちびっと描いてくれてればよかったのに。あれじゃあなぁ。

満席の観客のほとんどが年配。
彼らはどう感じたのか聞いてみたいなぁ。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-20 23:32 | 映画

曹格:ミニライブ&トークショーに行く!

b0038450_2252088.jpgうっかり「トゥーランドット」のチケットを取っていた日にも関わらず、申し込んでみたら当選ハガキが届いたので友人に「トゥーランドット」を譲り、こちらに参戦。

数曲しか聞いたことがないけれど、やはり日本でそれも小さなスペースで生歌を聴ける機会は希少。
会場の17:30に最寄駅に着くと、見える会場には入場列が。会場自体が狭いので後ろの席になってもそれなりの距離だろうと思ったもののちょっぴり気持ちは焦る。

入場の整理券をもらうと(あれは意味があったのだろうか?)私は90番代。MCの人の話では150人+関係者&プレスで200人程度の入り。
無料の抽選ライブなので空きもでるかと思いきや満員御礼。知っている顔もちらほら。

事前の情報では衣装が・・・と聞いていたけどデニムにシャツとジャケットの素敵な衣装で登場。ラジオ用のトークの後、ライブで8曲+1曲。初めてのツアーがこれからというのに客あしらいも上手く、ユーモアたっぷりのステージング。生歌も全く不安のない運び。

今日イチは一人デュエットの「My Way」かな。
お披露目のショーケースも兼ねていたからなのか半分以上知っている曲を歌ってくれてうれしかった。あとリーホンの喋り口調のモノマネが妙に似ていて面白かった。

でも、なんだろうなぁ、私的には不完全燃焼。
上手いんだけどなぁ。キャラもいいんだけどなぁ。NickyみたいにCD買おうとまでは思わなかったんだな。Garyのほうが断然台湾では売れてると思うんだけども。もうちょっと考えをまとめるには時間が必要。

それよりも最後にゲストで出てきた留学中という(元?)棒棒堂のRichard。現役、棒棒堂の面々よりも男前なのでは?
棒棒堂も二軍はアルバイト感覚で出入りが激しいと聞いたことがあるけれど、やっぱりこれぞ!と言う子にはずっと後ろ盾が着くのねなーんて思っちゃいました。

アジアまでコンサートを追いかけていくことはないだろうけれども、また日本に来てくれるなら聞きに行くかなぁ。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-19 22:53 | 台湾

おかしい・・・

昨日あたりからやたらとアクセス数が増えている・・・。

通常アクセスが増えるのはキーワード検索からのなのだけれどexciteでのアクセス解析を見てもキーワード検索が特に増えているわけでもなし。特定のサイトからのアクセスからでもなさそう。

なんなんだろう?
[PR]
# by kiyok | 2008-04-16 23:59 | 食べ物

ドラマ:「薔薇之恋」ようやく見終えた~

b0038450_21152521.jpg2月の終わりに友人に借りた「薔薇之恋」DVD。
3月の半ばから見始めて、本日ようやく全41話を完了。
長かった~。

画面的には結構地味なのでこんな長丁場耐えられる心配だったけど、ほぼマンガと同じ進行でマンガから入った私としては、そのストーリーを追うだけでかなり楽しめた。

淡々としたストーリー展開だったけど見ているうちにEllaとJosephがどんどん可愛くなってきて、だんだん切なさが増し、30話を過ぎて、百合が口を聞けなくなった時に泣きながら助けを呼ぶシーンで涙。

そもそもマンガですらブックオフで立ち読みで泣きながら読破してたからなぁ。

ドラマを見終えてやっぱりマンガが欲しくなっちゃった。単行本も出てるし、買っちゃおうかなぁ。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-15 23:59

映画:「少林老女」って・・・

b0038450_1744394.jpg何気に開いたYahoo!ニュースで発見!
もう今年のカンフー映画は出尽くしたと思っていたけれど最後の最後に凄いのが出てきた。
その名も「少林老女
ダウンタウンのガキ使いでおなじみのキスおばちゃんが初主演。SMAPの番組でジェロよりも先に黒人とのハーフとして演歌歌手を目指していたが、その後漫才師、タレントして活動しているらしい千太郎が共演者とか。
コピーは「老女(ばばぁ)の一生やばすぎる。」(笑)
公式サイトのストーリーによると・・・
人里離れた山奥にある「少林寺」。
ここで門下生と共に修行を営んでいる“少林老女”こと美代子(浅見千代子)はある日、 “一本足”(長澤奈央)と名乗る武術の使い手に敗れ、少林寺を奪われてしまう。
都会に追いやられ、ショー芸人としての生活を余儀なくされた美代子だったが、彼女は今までの人生で味わったことのない「人並みの生活」にどっぷりと酔いしれてしまう…。
恋に溺れ、幸せを掴んだ美代子。しかしその前に、彼女には果たさなくてはならない闘いが…。
一度は「闘争心」を失いかけた彼女に“一本足”への勝ち目はあるのか?!そして少林寺を取り戻すことはできるのか?!
五月下旬からシアターN、他で公開。
香港映画もびっくりのおばかパロディ映画のにおいがプンプン。「少林少女」と違って中国スタッフも関わってないようだし。
多分、見に行かないけど一連の少林シリーズとあわせて「カンフー・ダンク!」(こうなると少林・・・ってつけなくってよかったかも)のパブにもちょっとは役に立つかもね。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-14 17:34 | 映画

Jay:「不能説的・秘密 」 日本公開決定!

本日ようやく情報解禁?
あの「不能説的・秘密」の日本公開決定がオフィシャル?に告知された模様。

配給はエイベックス。

あまり大きな公開にはならないかもしれないけれど、本日の「王妃の紋章」の公開から始まって春~初夏「カンフー・ダンク!」~夏「言えない秘密(仮)」と立て続けに三本のJayの作品が日本にお披露目とは。めでたい!

これでとりあえず上半期にあと二回は日本でJayが見れるかも。

エイベックスによるリリースはこちら
[PR]
# by kiyok | 2008-04-12 22:07 | 映画

鈕承澤:映画「情非得已之生存之道」台湾公開。

ここ数日、台湾でのプレミアの様子が報道されている鈕承澤の初監督?映画「情非得已之生存之道」が本日から一般公開開始。

Yahoo!奇摩の映画ページの情報によると・・・

ジャンル:コメディ、ドラマ、ラブストーリー
時間:1時間36分
監督:鈕承澤
出演:鈕承澤、張鈞甯
製作:紅豆製作
オフィシャル・サイト:http://blog.pixnet.net/BeHappy0411

色々な芸能人が参加したプレミアでも彼のこれまでのキャリアからのネットワークと映画監督デビューが待望されていた様子がよくわかる。
ネットでの評判も中々よさそう。
ずっと言っているけれ、ぜひこの作品が日本で見れることを切望。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-11 23:11 | 台湾

映画:「闘茶~Tea Fight~」台湾での公開は7/25。

b0038450_19321756.jpg日本の日本の公式サイトのほのぼのさ、とは一線を画す台湾版ポスターがお披露目。
台湾版なのでVicがかなりFeatureされていますが、日本版ではもっと戸田恵梨香が前面に出てくるんだだろうな。この仔仔かなりきれいに写ってるから日本もこれをベースに作ってもらいたいなぁ。

台湾でのサイトオープンはまだのようで最新情報は製作会社のサイトでのみ確認。

ただし、公開日は7/25で決定のよう。
日本ではまだいつ公開か決まっていないはずなので、またまた悲しいタイムラグとなっちゃうかも。
ぜひ、同時期一斉アジア公開を実現させて欲しいなぁ。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-06 23:19 | 台湾

映画:「さらば、わが愛 覇王別姫」リバイバル上映に行く!

b0038450_16282446.jpgライフログにも入れている「さらば、わが愛 覇王別姫」。学生時代に観た時、強烈な印象を受けた作品。

現在、シアター・コクーンで東山紀之主演「さらば、わが愛 覇王別姫」の公演が行われているのを記念して同じ建物の中にあるル・シネマで3/29(土)~4/18(金)までレイトショー上映が行われている。
もう一度、スクリーンでちゃんと見てみたかったのだけれど、落ち着きの無い私にとって3時間の長丁場をテレビの前で過ごす自信がなく保留にしたまま幾数年。今回、料金1200円と良心的なこともあり職場の人を巻き込んでチャレンジすることに。

各地で上映され続けているだけにフィルム自体のダメージもあったけど、やはりスクリーンの中のレスリーは美しく、コン・リーは艶かしかった。色彩の美しさはやはりチェン・カイコー。
時間は経っているとは言え、大人になってからのエピソードしか覚えていなかったことに驚き。こんなに子供時代の描写が長かったとは。早くレスリー出てこないかなぁ、と思ってしまった。
前は終わった後、涙していたはずなのに今回はグッと来るもののそこまでの気持ちの高ぶりがなく、あの頃の自分の感受性が高すぎたのか、それとも今の自分が鈍ってしまったのかなどと考えてみたり。
最初に見た時はレスリー・チャンの存在なんて全く知らずに見に行っていたから、今回よりも純粋にストーリーを追えていたかもしれない。今回はレスリーの演技ばかりが気になってそこに集中してみていたからなぁ。
何度見てもいろいろな味わい方のある映画だと思うし、スクリーンで見るべき映画だと思う。一緒に行った人ととも時間があればもう一度見に行きたいねと言いながら帰路に着いた。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-05 16:29 | 映画

羅志祥:百事家族に。

既に事前に発表されていたショウ・ルオの中国ペプシ・キャラクター入り。
本日、香港でお披露目だったよう。
人数はグンと減ってJolin、古天楽、黄暁明、イ・ジュンギの5人。(他にもいるのか?)

お父さんを亡くした後でも休まず、健気に生放送で司会をする姿に心を打たれてからショウ・ルオをこっそり応援している私としても非常にうれしい。

昨年2月に弟を訪ねてシンガポールに両親と訊ねた時、偶然地下鉄でショウ・ルオが「SPE SHOW」プロモでミニコンサート&サイン会をやるというポスターを見かけて台湾よりは競争率が低かろうと両親をほっぽりだして出かけたところ、会場であるショッピングモールの周りにとぐろを巻く行列を目の当たりにし、台湾同様にアジアの華人の間での人気が盛り上がっていることを感じたけれど、その勢いは留まらず。台湾ドームでの単独コンサートも成功させ、タレントではなく、アーチストとして成長していっている姿は本当に観ていて楽しい。

こんなに人気が出ても本人のファンへのスタンスが変わらないのも素敵なところ。
よくファンサイトに訪問したり、誕生日にメールを送ったりするとは本人も語るところではあるけれど、実際そうだからそのファンサービスには驚く。
今日は本当にうれしかったらしく日本でずっと応援している人のBBSに本人が久しぶりにコメント。それ以外の日本の応援サイトにもコメントを残しているとか。忙しいはずなのにえらいなぁ。

立ち消えになっていたオフィシャルのファンサイトも再オープンとのこと。時期は未定だけれども「籃球火」の日本公開も決まっているようなのでは日本でのプレゼンスも増えるはず。是非、スキップされず三人での来日を期待したい。
日本には造詣の深い台湾の中居くんことShow。初の公式来日が叶いますように。
[PR]
# by kiyok | 2008-04-02 23:59 | 台湾

Jay:「カンフー・ダンク!」HPコンテンツ追加。

b0038450_1771768.jpg
そろそろか、とチェックしていた「カンフー・ダンク」の公式HP(音が出ます)にようやく動きあり。
イントロダクションと予告編動画が追加。
HPに接続すると自動で予告編につながります。

気になるのはバックに流れる音楽が「周大侠」ではないこと。
他の国の予告編ではがんがんバックに流れていたのにちょっと似た雰囲気のフリー素材と思われる音楽に差し替えられていて、嫌な予感。
お願いだから変な日本人歌手の曲に差し替えられませんように。(祈)

しかし、トレーラーに二番手、三番手のチェン・ボーリン、バロン・チェンは全く登場しないのに、ガンホンがしっかり映っていて笑える。
[PR]
# by kiyok | 2008-03-30 23:47 | 台湾

祝祭音楽劇「トゥーランドット」初日に行く!

b0038450_2074628.jpg
赤坂ACTシアターの杮落とし公演。
とりあえず、写真をUP。
[PR]
# by kiyok | 2008-03-27 23:51 | 演劇

「闘茶~Tea Fight~」のオフィシャルサイト。

b0038450_039145.jpg
ニュース・サイトをチェックしていたら、「戸田恵梨香が「恋極星」で映画初主演」という記事。
んっ!?「闘茶」は主演じゃなかったの?もしかしてお蔵入り?と調べてみたらちゃんと公式サイトがオープン済み。
要するに「闘茶」は香川照之さんとのW主演で単独主演は初というロジックのよう。

まだトップページだけですが、本当にカンヌに出品するのか?制作を担当しているピクニックのHPと合わせて注目です。
リリース済みの映画の記事ではこれが面白いと思う。
[PR]
# by kiyok | 2008-03-26 23:59 | 映画

Jay:AERAの「人物」に

b0038450_23285049.jpgパブ絶好調!
今度はAERAの特集に取り上げられたと聞いて早速、本屋へ。
2Pを割いてJayの紹介をしてくれています。
その名も「吹き荒れて!J・チョウ旋風」と映画のワンシーンとかけた見出し。とりあえず、なぜにJと略す?と1ツッコミ。
北京五輪のテーマ曲も担当とちょっと先走り気味(まだ応募段階のはず)の内容もこのライターさんのJayへの嵌りぶりがとっても伝わる内容に目をつぶろう。
しかし、どうして紹介しているアルバムが「依然范特西」だけ?並べて「我很忙」の画像も入れて欲しかったな。確かに「女王の紋章」のテーマ曲はこれに収録されているんだけれど、それなら「菊花台」というタイトルも記事にいれておこうよ。
スチール撮影時の様子は動画でも。
b0038450_23545177.jpg今となっては二年前に表紙に取り上げられたことも懐かしい。
今見るとかなり緊張してるなこの顔。
今回と角度が同じなところがツボ。
左横顔からのショットが本人のお気に入りか?
[PR]
# by kiyok | 2008-03-24 23:59 | 台湾



知りたいことが多すぎて、   やりたいことも多すぎて。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31